日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「平成24年度実績評価書」がまとまる

国家公安委員会・警察庁は「平成24年度実績評価書」をまとめた。基本目標「安全かつ快適な交通の確保」のうち業績目標「歩行者・自転車利用者の安全確保」はその業績目標を達成。警察では、高齢者・自転車に対する交通安全教育の充実などを実施した結果、平成22年に比べ、歩行中・自転車乗用中の交通事故死者数、交通事故件数を減少させた。今後、引き続き自転車利用者に対するルールの周知、交通違反に対する指導取り締まりを強化する。
  

◆群馬県警で若年職員向けに漫画を利用した執務資料を作成

群馬県警は特に、若年職員を対象とする「自己申告の促進」に向け、独自施策の「漫画」を活用した執務資料を作成した(写真)。「非違事案は起こり得るもの」という意識を扶植、自己申告に対する処分軽減を周知し、申告しやすい環境を整えるねらい。失敗を極度に恐れる若年職員の特質を踏まえ、若年職員の感覚にマッチした手法(漫画)を導入したもの。事例をもとに「悪魔のささやき」編、「自覚と責任」編が掲載されている。

群馬県警で若年職員向けに漫画を利用した執務資料を作成

◆三重県津署でゴルフ場をハンドルキーパー運動推進モデル事業所に指定

飲酒運転の根絶に向け、三重県津署は県内で初めて、ゴルフ場をハンドルキーパー運動推進モデル事業所に指定した。7月1日の「三重県飲酒運転0(ゼロ)をめざす条例」の施行に合わせ、2日に「津カントリー倶楽部」ほか3ゴルフ場で、ハンドルキーパー運動推進モデル事業所の指定式を実施した。津地区安全協会会長が指定書を交付(写真)、大内敏敬署長が飲酒運転事故の概況説明と根絶に向けての協力依頼を行った。

三重県津署でゴルフ場をハンドルキーパー運動推進モデル事業所に指定

◆秋田県警組対課で初任補修科生対象の外国人の職務質問教養を実施

秋田県警組対課は、若手警察官の薬物事犯に対する捜査技法と、外国人に対する職務質問能力を向上させるため、初任補修科生対象の教養を実施(写真)。教養では、薬物捜査技能指導官が薬物事犯の現状、被疑者の特徴のほか、端緒把握の着眼点や各試薬の予試験実施要領、職質からの違法薬物発見要領などを指導。中国語部内通訳人の課員が旅券や在留カードで人定事項を確認したり、職務質問カードを作成したりする一連の過程を教養した。

秋田県警組対課で初任補修科生対象の外国人の職務質問教養を実施

~放射塔~大型ビジョンで飲酒運転根絶CMを放映

○…宮崎県宮崎北署は先月17日から、県下一の繁華街(通称:ニシタチ)の中心部に設置された大型ビジョンで飲酒運転根絶CMを放映している(写真)。
○…県内の著名漫画家原作の「かあちゃん泣くど、子どもが泣くど、飲んで乗ったら終りやど!アニメ版」のスポット放映。毎日午後6時から午前3時まで80回流す。夏休み時期やお盆など飲酒機会の多い9月17日まで。
○…県内の昨年中の飲酒運転検挙者440人のうち、 4分の1に当たる100人が同署管内で検挙されているため、宮崎北交通安全協会や宮崎北安全運転管理者等協議会と協力した。夜の酔客を危険な飲酒運転の誘惑から遠ざける「直接的な家族の大切さ」を呼び掛ける動画で、市民からの反響も大きい。

大型ビジョンで飲酒運転根絶CMを放映

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer