日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年上半期の窃盗犯認知・検挙状況

警察庁は今年上半期の刑法犯の認知・検挙状況をまとめた。このうち窃盗犯についてみると、認知総数は昨年同期に比べ減少したが、手口別では住宅対象の空き巣が増加した。侵入手段では、一戸建て住宅も共同住宅も無締りがそれぞれ4割を超えている。同庁では、地域の犯罪情勢に応じた訴求力のある広報啓発・防犯指導等の抑止策を実施する。
  

◆警視庁が粗暴事犯防止対策を推進

警視庁は、駅構内における粗暴事犯の根絶を目的に、鉄道事業者が実施する「STOP暴力キャンペーン」に合わせ、関係団体等と連携し、駅構内における粗暴事犯の根絶と社会における規範意識の向上のため7月12日から9月11日までの2カ月間、粗暴事犯防止対策を推進する。初日の12日には「全庁駅構内一斉警戒」が実施されたほか、16日にはJR東京駅動輪広場で、小谷渉副総監らが出席し「東京駅構内粗暴犯撲滅キャンペーン」が開かれた(写真)。

警視庁が粗暴事犯防止対策を推進

◆奈良県警で男女共同参画の特別講演

奈良県警は警察官採用の在り方の見直しや女性警察官の採用・登用拡大の一環で、西岡史惠県健康福祉部こども・女性局長を講師に迎え、「男も女も働きやすい社会を目指して」と題する特別講演を県警本部で開催した(写真)。原山進本部長はじめ所属長や各課警部補以上の警察職員、巡査部長以上の女性警察職員ら約130人が聴講した。

奈良県警で男女共同参画の特別講演

◆富山県警で似顔絵作成の研修会

富山県警は、犯罪捜査や遺体の身元確認のために活用できる似顔絵作成の研修会を開催した(写真)。19回目となる研修会で、普段は性犯罪捜査に従事する本部捜査員や若手警察官38人が、モデルを見て描く人物画と、目撃者役からの聞き取りによる犯人の似顔絵に挑戦。講師の県日本画家連盟副委員長の温井喜央氏から、似顔絵作成のための聞き取り手法や留意点などを学んだ。

富山県警で似顔絵作成の研修会

~放射塔~「安全・安心の願い」を込め七夕にお菓子を手渡し

○…七夕の7月7日、子どもたちが笹を飾っている家を訪問してお菓子をもらう「ローソクもらい」という函館市民の習慣を踏まえ、北海道函館方面函館西署は署玄関に笹を飾り、子どもたちに短冊付きのお菓子を配る活動を行った(写真)。
○…毎年の恒例行事で、署員や少年ボランティア、署少年補導員、函館西防犯協会員が鶴や織り姫・彦星の折り紙を作成。「安全・安心の願い」を込め、地元児童が考えた「変な人に声をかけられて すぐ逃げるなら 今でしょ」の防犯標語や交通安全標語を書いた短冊をお菓子に貼り付けた。
○…当日午後4時になると、子どもたちが次々に来署。お菓子を受け取り、署キャラクター「函西マン」と記念撮影するなど、楽しいひとときを過ごした。

「安全・安心の願い」を込め七夕にお菓子を手渡し

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer