日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成24年中の山岳遭難概況まとまる

警察庁は「平成24年中の山岳遭難の概況」をまとめた。山岳遭難発生件数は1,988件、遭難者数は2,465人(うち死者、行方不明者284人)で、発生件数、遭難者ともに統計の残る昭和36年以降、最も多かった。年齢層別では、40歳以上の遭難者が全遭難者の74.5%を占めた。また、単独登山の死者・行方不明者は遭難者の19.7%を占め、遭難者は複数登山者の約2.5倍となっている。
 

◆5府県の職質準技能指導員受け入れて短期研修

神奈川県警は6月7日から26日までの20日間、埼玉、静岡、岐阜、京都、香川5府県警の準技能指導員5人を受け入れ、「職務質問短期派遣研修」を実施した。期間中、研修生5人は本部地域指導課職務質問検挙指導係の警ら用無線自動車に同乗し、神奈川県内で職務質問要領や指導要領などを学んだ。県警で受け入れが始まったのは平成16年。今回で18回目を迎え、研修生の数は計62人にのぼる。

◆「みやぎ防犯パトロール隊」が街頭警戒に出発

宮城県警は、今年度の緊急雇用創出事業を活用した防犯パトロール事業の実施に伴う「みやぎ防犯パトロール隊」の出発式を、県警本部駐車場で開いた(写真)。同隊は業務受託業者で編成されている。式典には田原一成生活安全部長以下警察幹部や県防犯協会連合会会長、タレントでみやぎ防犯広報大使の早坂明子さん、受託業者の代表者、パトロール隊員など約100人が出席した。

「みやぎ防犯パトロール隊」が街頭警戒に出発

◆鳥取県警の組対課長が地検で講演

鳥取県警の長谷川勝組織犯罪対策課長は、鳥取地検の検事正以下検察官など検察庁職員約50人に対し、県内外の暴力団情勢等について講演した(写真)。県警と地検の相互教養の場。同じ捜査機関である検察と緊密かつ円滑な連携がねらいという。県内にある指定暴力団六代目山口組の傘下組織の実態や取締りの必要性を説明した長谷川課長は、県警の取締方針について参加者に理解を求めた。

鳥取県警の組対課長が地検で講演

~放射塔~音楽クラブ員が練習成果を発表

○…山梨県警察学校初任科生の音楽クラブメンバーの11人が、同校体育館で開かれた発表会で、県警音楽隊の楽長以下8人との合同演奏に臨んだ。
○…全6回の予定で華道、茶道、書道、音楽の各種クラブ活動の時間を設けている同校。音楽クラブについては、昨年度から音楽隊員の発掘を兼ねて活動している。隊員の指導で練習に励んできたメンバーが、活動最終日の発表会でこれまでの練習成果を発揮した。
○…教職員と入校生はじめ本部幹部が見守るなか、初心者8人を含む音楽クラブメンバーは隊員と一緒に「かえるの合唱」を演奏(写真)。緊張した面持ちながらもその目は真剣で、初心者とは思えないほどきれいな音色を響かせた。発表後、警務部長は「音楽クラブは現在の君たちです。勉強を重ね、少しずつ仕事を覚えて徐々に一人前になっていくのです」とメンバーを激励。初心者の一人は「演奏がこんなに楽しいとは思っていなかった。指導を受け、演奏が出来るまでになったのが夢のようです」と興奮しきりだった。

音楽クラブ員が練習成果を発表

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer