日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆第1回総合セキュリティ対策会議開く

警察庁は警察総合庁舎大会議室で「平成25年度第1回総合セキュリティ対策会議」(委員長・前田雅英首都大学東京法科大学院教授)を開いた。テーマは「サイバー空間の脅威に対処するための産学官連携の在り方」~日本版NCFTAの創設に向けて~。今後、サイバー犯罪に係る情報の集約・分析の在り方、海外捜査機関等の職員に対するトレーニングなどを検討し、報告書を取りまとめる。
 

◆長野県警で中級幹部向けのセミナー

長野県警はさきごろ2日間、県警察学校で、中級幹部(警部補)を対象とした「原点回帰及び指揮能力向上セミナー」を開催した(写真)。学校教官の業務を体験させ、実戦的総合訓練指導要領などを教養することで、中級幹部として必要な現場指揮能力を向上させるねらい。本部や警察署に勤務する昇任5年目(40歳以下)の警部補24人が受講した。

長野県警で中級幹部向けのセミナー

   

◆広島県公安委員と警察スクールサポーターで対話会

広島県公安委員と警察スクールサポーターの対話会が、警察本部内で開催された。冒頭に貝原潤司公安委員長が「中学校を主体として学校が荒れた状態にある。課題校で活動している皆さんの生の声を聞かせていただき、公安委員会を進めていく上での参考にさせていただきたい」とあいさつした。警察スクールサポーターは、県内の学校教育現場の要請に応じて派遣され、校内で非行集団の解体補導や非行防止活動など、少年非行の総合的抑止活動を行う。今年度の体制は16人。
        

◆石川県警逮捕術大会で試合白熱

平成25年度石川県警察逮捕術大会が、県警察学校「直心館」で開かれ、本部と県内12署の208人が団体・個人試合に出場、日ごろ錬磨した逮捕術技術を競い合い、警察術科の向上と士気の高揚を図った(写真)。開会式では、桐原弘毅本部長が「警察官に求められる力の中で最も必要なものが、目の前に犯人がいたときに怯むことなく制圧検挙できる力である。普段から逮捕術訓練に励んできた成果を如何なく発揮してほしい」とあいさつした。

石川県警逮捕術大会で試合白熱/

  

~放射塔~署員描いたカレンダーで詐欺被害を抑止

○…山梨県鰍沢署は、振り込め詐欺被害防止を呼び掛けるカレンダー(写真)を製作し、管内の富士川町つき米地区の高齢者宅に配布した。
○…絵の得意な署員が振り込め詐欺をテーマにイラストを描いた署独自のオリジナルカレンダー。高齢者が多く居住する管内の中でも、とりわけ高齢化が著しい同地区での被害防止対策として講じた取組みだ。
○…製作枚数は1,100枚。そのうち100枚をつき米駐在所員と同駐在所連絡協議会会員が高齢者宅を訪れ、注意喚起しながら手渡した。高齢者からは「電話の近くに貼るなどして振り込め詐欺に注意したい」との声が聞かれるなど、評判は上々だ。

署員描いたカレンダーで詐欺被害を抑止

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer