日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆夏祭りの雑踏事故防止について通達

警察庁は、全国の警察に「夏祭り等における雑踏事故の防止」について通達した。夏期には夏祭りや花火大会などの行事のほか、行楽地等に多くの人出が予想され、これに伴う雑踏事故や紛争事案等が懸念される。このため、▽主催者に対する事前指導▽実地調査▽関係機関との協力▽実施計画の作成▽交通規制▽広報活動―など事前の措置をはじめ、事故発生時の措置等を指示した。
 

◆秋田県警で災害時語学ボランティアの研修会

災害に係る危機管理体制の再点検と再構築の取組みとして秋田県警は、被災地での災害時語学ボランティア活動を通じた外国人犯罪組織情報を提供してもらう仕組みを、(公財)秋田県国際交流協会と構築している。県警と協会は共同で、災害時語学ボランティアの通訳能力向上を目的とした研修会を開催した(写真)。

秋田県警で災害時語学ボランティアの研修会

   

◆記念シンポジウムで京都府警・安田本部長が講演

京都産業大学社会安全・警察学研究所設立記念シンポジウムが、京都市下京区の同大学むすびわざ館で開かれ、京都府警の安田貴彦本部長が「京都府における少年の健全育成に向けての取組」と題して基調講演した。同研究所は、警察活動の在り方を総合科学として研究し、警察などに提言するため、今年4月に開設された。当面、子どもの非行防止と立ち直りをテーマに研究を進める予定という。
        

◆宅配4事業者と振り込め詐欺防止協定結ぶ

静岡県富士署と富士市、富士防犯協会は振り込め詐欺被害を抑止するため、宅配4事業者との間で、被疑者の手に現金が渡る前に阻止するためのホットラインを構築し、同署で協定を結んだ(写真)。宅配便を利用し詐取金を送付させる手口の防止対策という。締結したのは、管内のヤマト運輸㈱静岡主管支店、赤帽県軽自動車運送協同組合、佐川急便㈱中部支社、福山通運㈱富士営業所の4事業者。これまで連絡体制の確保にとどまっていたものを協定へと格上げし、被害防止の強化を図る。

宅配4事業者と振り込め詐欺防止協定結ぶ/

  

~放射塔~川路大警視の生誕地まで12㌔を行軍

○…鹿児島県鹿児島西署は、警察改革の精神の深化と署員の健康増進を目的に、皆与志町にある近代警察創始者「川路利良大警視」生誕地への行軍を行った(写真)。
○…参加した署員やその家族約50人が、署から生誕地までの片道約12㌔を行軍。途中、道路脇のごみを拾い集めながら、ゆっくりと着実に歩を進めた。
○…生誕地に立てられた記念碑等に着いた後は、大警視の功績や遺訓をあらためて学ぶとともに、生誕地や周辺道路の清掃作業を開始。周辺住民から感謝の声を掛けられ、参加者は「国家と国民に奉仕する」という警察の原点を再認識していた様子だった。

川路大警視の生誕地まで12㌔を行軍

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer