日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆7月中は青少年の非行・被害防止全国強調月間

内閣府が主唱し、警察庁、各省庁、最高裁判所、都道府県・市区町村が参加する平成25年度「青少年の非行・被害防止全国強調月間」が7月中実施される。月間中は、▽インターネット利用に係る非行及び犯罪被害防止対策の推進▽有害環境への適切な対応▽薬物乱用対策の推進▽不良行為及び初発型非行(犯罪)の防止▽再非行(犯罪)の防止▽いじめ・暴力行為等の問題行動への対応▽青少年の福祉を害する犯罪被害の防止―を重点課題に推進される。
 

◆宮城県警で今年度の交通安全教育隊を指定

宮城県警は、幼児から高齢者に至るまで多岐多様にわたる交通安全教育を効果的に推進する、今年度の「交通安全教育隊」の指定書交付式を開催した。今年度は、新たに指定された12人を含む27人の隊員に対し、長尾德光交通部長が指定書を交付(写真)。初めて指定書を受け取った新隊員は「隊員に指定されたことに誇りを感じます。交通安全教育を通じて悲惨な交通事故を1件でも減らせるよう一生懸命頑張ります」と抱負を語った。

宮城県警で今年度の交通安全教育隊を指定

   

◆富士山の遭難事故防止へ静岡・山梨県警が合同会議

世界文化遺産登録が決定した富士山。今後、遭難事故の増加が危惧されるため、静岡・山梨両県警察は来月1日の富士山山開きを前に、静岡県裾野署で合同富士山対策会議を開き(写真)、両県の登山者対策を確認したうえで、今後の事故防止対策と連携強化を図った。会議には両県警の地域課長と、山岳遭難事故を担当する地域課員、富士山を管轄する4署の地域課長、静岡県警山岳遭難救助隊員の15人が出席した。

富士山の遭難事故防止へ静岡・山梨県警が合同会議

        

◆北海道中央署で「女性職員座談会」

北海道札幌方面中央署は、ハラスメントの防止と排除、健康管理に関する知識を深めることを目的に、女性警察官と女性事務職員を対象とした「女性職員座談会」を開催した(写真)。同署は道内69署で女性職員が最も多い。座談会には女性職員42人(うち女性警察官34人)が参加し、はじめに道警本部厚生課の保健師による講話が行われた。

北海道中央署で「女性職員座談会」

  

~放射塔~子どもたちの塗り絵で飲酒運転に警告

○…家庭から飲酒運転の根絶機運を高めようと、奈良県桜井署は「交通安全ぬりえ」(写真)を作成し、父の日にあわせて子どもから父親に手渡してもらおうと、管内の小学校に協力を依頼した。
○…塗り絵は、通学する子どもと飲酒運転する大人を警告するイラスト。小学校からは「ユニークな試みですね。早速、塗り絵の授業を設けます」と快諾が得られ、小学1年生児童が塗り絵の色づけと家族へのメッセージを書いた。
○…同署管内では昨年、飲酒運転による人身事故が7件発生。今年も5月末現在で2件発生しており、根絶にはほど遠い状況だ。塗り絵を通じた、子どもからのひたむきな呼び掛けに、同署は「飲酒運転に対する大人の意識も変わるのでは」と期待を寄せている。

子どもたちの塗り絵で飲酒運転に警告

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer