日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆改正道交法が6月14日公布

警察庁のまとめた「道路交通法の一部を改正する法律」(法律第43号)が6月14日公布された。一定の病気等に係る運転者対策として、免許を受けようとする者等に対する病気の症状に関する公安委員会の質問制度や虚偽記載に対する罰則を整備したほか、悪質・危険運転者対策として、無免許運転の下命などに対して罰則を引き上げた。また、自転車利用者対策として、制動装置のない自転車について検査ができることとした。
 

◆警視庁で母さん助けて詐欺撲滅の緊急大集会

警視庁杉並署、高井戸署、荻窪署は、杉並区と同区勤労福祉会館で「杉並区 母さん助けて詐欺撲滅緊急大集会」を開いた。区内の母さん助けて詐欺の被害額は1億2,000万円(今年1月~4月)で昨年の3・4倍で、都内ワースト3。急増する被害を防ぐため緊急に開いたもの。集会では、西村泰彦警視総監が「杉並区から『母さん助けて詐欺』撲滅の運動をうねりのように都内全域に拡げていただきたい。警視庁としても、撲滅に全力を尽くしますので、引き続きご支援を」とあいさつした(写真)。

警視庁で母さん助けて詐欺撲滅の緊急大集会

   

◆福岡県博多署が水上バスで暴排キャンペーン

「博多マル暴ゼロ作戦」と銘打ち全署体制で各種暴排活動を推進している福岡県博多署は、「福岡県暴力団排除条例の一部を改正する条例」が施行された前日、九州最大の歓楽街・中洲地区で、啓発イベント「『水上』暴排キャンペーン」を行った。福岡市や博多区のほか、中洲町連合会などの地元住民約200人と協力。中洲地区を流れる那珂川を、装飾した水上観光バスで往復し、マイクで条例改正や暴排について広く呼び掛けた(写真)。

福岡県博多署が水上バスで暴排キャンペーン

        

◆大学・専門学校と犯罪被害防止のネットワーク会議

三重県津署は、管内に所在する国立大学や短期大学、各種専門学校など6校の担当者を集め、学生の犯罪被害や事故を防止するための情報共有ネットワーク構築に向けた会議を開催した(写真)。管内の大学等に通う学生は約9,200人。4月以降、大学周辺では性的犯罪が増加しており、今後、夏場に向け、強制わいせつやのぞきなどの発生が懸念されている。

大学・専門学校と犯罪被害防止のネットワーク会議

  

~放射塔~高速道路の安全利用へ広報用の冊子を作成

○…愛知県警高速道路交通警察隊は県高速道路交通安全協議会の協力で、安全・快適に高速道路を走るための広報啓発小冊子(写真)2万冊を作成した。各種交通街頭活動時や各関係団体などを通して高速道路利用者に配布し、安心して走行できる高速道路の確保を目指す。
○…小冊子は縦7㌢×横11㌢の28㌻で、▽高速道路の交通違反(主な13違反)▽高速道路安全5則(安全速度、十分な車間距離、割込み防止、脇見運転禁止、路肩走行禁止)▽高速道路での緊急時の措置―について掲載している。
○…イラストを多数用いて文字数も極力減らした。利用者にとっても分かりやすい内容で、ちょっとした不注意が大事故を引き起こす高速道路での事故減少に期待が高まる。

高速道路の安全利用へ広報用の冊子を作成

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer