日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆第二次児童ポルノ排除総合対策を策定

政府の犯罪対策閣僚会議は「第二次児童ポルノ排除総合対策」を策定した。今後3年間を目途にした児童ポルノを排除するための総合対策。特に留意すべき課題として、▽ファイル共有ソフト対策を含めた流通・閲覧防止措置の強化▽被害者支援を強化するための保護対策の充実強化▽国際連携を強化するための取組の推進―を掲げ、各府省庁では、国民、事業者、関係団体と連携した施策を推進する。
 

◆宮城県警が産廃Gメンと連絡協議会

宮城県警は、廃棄物事犯に関する仙台市との連携を強化するため、「宮城県警察・仙台市産廃Gメン連絡協議会」を開催した。6回目を迎える今年は、田原一成生活安全部長や星康一市廃棄物事業部長はじめ、本部生活環境課と市内各署担当者、産廃Gメン9人を含む市環境局の関係者が意見を交換。来年3月までに沿岸10カ所での震災廃棄物処理事業が完了することから、不適正処理事犯の未然防止に全力で取り組むことを確認した。

   

◆コンビニ強盗想定し緊急防犯訓練を実施

岩手県釜石署は、コンビニ強盗の未然防止を目的に緊急防犯訓練と一斉防犯診断を実施した。釜石市内のコンビニに刃物を所持した男が押し入り、店員を脅して現金を強取した持凶器強盗事件が発生したことを受け、緊急で行った。犯人役に扮した署員が店内に押し入り、対応する店員が▽防犯ベルの吹鳴▽カラーボールの投てき▽非常通報装置による110番通報▽臨場した警察官への状況説明(写真)―などに実戦的に取り組んだ。

コンビニ強盗想定し緊急防犯訓練を実施

        

◆「光市母子殺人事件」テーマに被害者対策の講演

山口県警察学校で「光市母子殺人事件」を題材とした、本部刑事指導官の奥村哲郎警視による被害者対策の講義があり、初任科生と初任補修科生が聴講した。平成11年4月14日に発生した、光市における母子殺人事件の被害者遺族で、後に犯罪被害者対策基本法の成立に尽力した本村洋さんの取調べ担当刑事だった奥村指導官。当時、実際に行われた被害者対策の経験をもとに講義を進めた(写真)。

「光市母子殺人事件」テーマに被害者対策の講演

  

~放射塔~警察学校の学生生活を家族が見学

○…群馬県警察学校は、今春採用された初任科第190期短期生と第191期長期生の家族を招いて「家族見学会」を開いた。学生家族に授業や寮生活を見てもらい、警察学校と学生家族との協力関係を深めるねらいという。当日は125人の家族が同校を訪れた。
○…参加した家族は、臨床心理士による相談体制の説明会や担任・副担任によるクラス懇談会に臨むとともに、学生寮や授業で使用される模擬家屋、射場、学生の逮捕術授業を見学(写真)。また、担任教官との個別面談で学校生活に理解を深めた。
○…見学会を終えた参加家族は「学校での生活がよく分かり安心できた。また、警察官という仕事の大変さや大切さを実感できた」「学生の相談体制がしっかりしていることに安心した」と話した。入校後のわが子の変化についても「たくましくなり、目つきが変わった」「落ち着きが出て、しっかりしてきた」と目を細めていた。

警察学校の学生生活を家族が見学

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer