日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国地域担当課長会議を開催

警察庁は、警察総合庁舎大会議室で「全国地域警察担当課長会議」を開き、地域警察運営上の当面の諸課題について協議した。席上、米田壯長官は、当面配意すべき事項として、①初動警察刷新強化の更なる推進等による事態対処能力の向上②地域警察官の街頭活動等の強化と現場執行力の向上③適正かつ効率的な組織運営―について訓示した。
 

◆群馬県警に特別術科研修所が誕生

平成25年度組織改正で群馬県警察学校の附置機関として特別術科研修所が新設された(写真)。初代所長の椛澤博之監察官兼首席術科指導官以下兼務員10人体制で、「指導係」「柔道係」「剣道係」「拳銃係」「逮捕術係」で構成される。術科訓練を充実させるとともに、女性警察官に対する術科指導をさらに強める。また、警察職員の体力増進に関する指導も行うという。

群馬県警に特別術科研修所が誕生

   

◆大阪府安全なまちづくり推進会議の総会開く

大阪府警や府、市町村、事業者、府民・地域団体などの代表者45人で構成する「大阪府安全なまちづくり推進会議」の第11回総会が、大阪市中央区のホテルプリムローズ大阪で開かれ、田中法昌本部長はじめ松井一郎府知事、京極務大阪市副市長、竹山修身堺市長らが出席した。会議では、今年度の重点目標「街頭犯罪のさらなる減少」「子どもや女性の犯罪被害の防止」と、取組重点テーマ「地域における優れた取組を広げる」「防犯カメラの設置拡大」を決議したほか、今後の治安総合対策の推進方策について意見を交わした。

     

◆署長が福島県警の手記を訓示で紹介

全署員に「使命感と誇り」を心に刻んでもらおうと、福岡県西署の原田大助署長は、震災後に福島県警が取りまとめた「ふくしまに生きる ふくしまを守る」という警察職員やその家族等の手記の紹介を交えた訓示を行った(写真)。紹介された手記は、70編の中から選んだ「一瞬の迷い」「主人の決意」「警察魂」の3編。いずれも一人の人間としての心情、警察官としての使命感や覚悟が如実に執筆されていたものばかりだ。

署長が福島県警の手記を訓示で紹介

  

~放射塔~県内人気タレントを広報ポスターに起用

○…県民一人一人の自己防衛意識を高めて、増加傾向にある性犯罪被害に歯止めをかけようと、宮城県警は、県内で絶大な人気を誇るタレント、早坂明子さんを起用した広報啓発用ポスター(写真)を製作した。
○…警察官の制服に身を包んだ早坂さんのオリジナル写真を中央に大きく配置。「犯罪被害に遭う女性をなくしたい。」のキャッチコピーと、被害に遭わないための3対策①夜道では「ながら歩きはしない」「ときどき振り返る」②「帰ったらすぐにロック!」③「危ない!」と思ったら「大声・逃げる・防犯ブザーの活用」を!―を記している。
○…当初は予算面から実現が難航したが、県警がカメラマンなどに性犯罪の実態を説明し協力を求めたところ、「治安回復に貢献できれば」とボランティアでの協力が得られたという。現在、ポスターは警察施設はじめ学校、駅などの公共施設に掲示されており、県警では今後、掲示場所を増やす予定。

県内人気タレントを広報ポスターに起用

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer