日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆新たに14人を警察庁指定広域技能指導官に

警察庁は「第13回警察庁指定広域技能指導官」として新たに14人を指定した。様々な専門分野で長年にわたり卓越した実績を挙げ、その技能・知識がそれぞれの分野で第一人者と認められるベテランばかり。今後、各都道府県警察職員に対する警察活動上必要な助言や実戦的指導、警察大学校・管区警察学校等における講義・講演、教養教材の作成等、その専門的な技能・知識の伝承教養に従事する。
 

◆愛知県警で春の異動後初の署長会議

愛知県警は、佐々和夫県公安委員長を来賓に迎え、今春の異動後初の警察署長会議を開催した。45署長や本部幹部ら約170人が出席。沖田芳樹本部長は「業務推進上の留意事項」として①大規模地震等の災害に対する総合的な諸対策の推進②県民の信頼に応える組織運営③活力ある明るい職場づくり④女性警察官及び女性警察職員の登用拡大―について訓示した(写真)。

愛知県警で春の異動後初の署長会議

   

◆宮城県警で新任の駐在所員・交番所長の研修会開く

宮城県警は、定期異動後の4月19日に「新任駐在所勤務員等研修会」を、4月22日に「新任交番所長等研修会」をそれぞれ開催し、各新任者の勤務に対する疑問や不安の解消を図った。各研修会には、新しく配置された駐在所員38人(平均年齢33・1歳)と交番所長28人(同52・7歳)が参加。それぞれの研修会では、沼田光二地域部参事官が訓示した。

     

◆警察庁長官官房参事官が兵庫県警察学校で講演

兵庫県警察学校で、警察庁の中川正浩長官官房参事官による「警察改革の〝今〟を考えよう」と題する訓育が行われ、入校中の初任科生と専科生、教職員の計430人が受講した。警察学校の職務倫理教養の一環で、社会人としての知識、見識を深めるとともに強い信念を持った警察官を育成することがねらいという。中川参事官は始めに「至高の価値である生命を守るのが警察の使命である」と示したうえで、「警察官として目指すべき夢」「国民のための警察づくりの基礎」などについて語った。

  

~放射塔~生活科学習の児童が警察署を探検

○…秋田県湯沢署に、雄勝郡羽後町立西音馬内小学校の児童が生活科学習の一環で訪れた。
○…署を訪問したのは4年生児童52人のグループ「くらしを守る警察署たんけんたい」の一行。警察署の仕事の内容や施設、装備品について署員から説明を受けたり、パトカーや白バイの乗車を体験(写真)するなど、初めての経験の連続に目を輝かせながら署員と触れ合った。
○…訪問中に署員から「皆さんのグループ名の通り、悪いことをした人を捕まえて、暮らしを守るのがお巡りさんの仕事です」という説明を聞き、「僕もかっこいいお巡りさんになりたい」と憧れを抱く児童も。終始和やかな雰囲気で、この日は署員にとっても地域の児童との交流を深める有意義な機会になった。

生活科学習の児童が警察署を探検

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer