日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆春の行楽期での雑踏事故について通達

警察庁は、全国の警察に「春の行楽期における雑踏事故等の防止」について通達した。雑踏事故防止に関する体制を確立するとともに、留意事項として、▽主催者に対する事前指導▽実地調査▽関係機関との協力▽実施計画の作成▽交通規制▽広報活動―の事前の措置と、雑踏事故発生時の措置、幹部の心構え等を指示した。
 

◆東京防犯協会連合会のサイバー犯罪対策特別部会が発足

警視庁と(公財)東京防犯協会連合会は、警視庁本部会議室で「東京防犯協会連合会サイバー犯罪対策特別部会」の発足式を開いた(写真)。同特別部会は、サイバー空間で防犯活動を行うサイバーボランティアの活動を推進し、インターネット利用者の規範意識の醸成等を図るねらいで設置された。発足式には、石田高久生活安全部長や泉邦夫同協会連合会理事(サイバー犯罪対策特別部会長)と関係者が出席した。

東京防犯協会連合会のサイバー犯罪対策特別部会が発足

   

◆宮城県警に特別出向者87人が着任

東日本大震災に伴う被災地における治安維持のため、4月1日付で宮城県警に着任した、6府県警と皇宮警察からの特別出向者87人の入県式が4日、県庁で開かれた。式では、特別出向者に辞令が交付された後、森田幸典本部長が「宮城県警察官の一員として思う存分職務に精励していただくよう願う」と式辞を述べ、愛知県警の鈴木陽大巡査部長が特別出向者を代表して宣誓した(写真)。

宮城県警に特別出向者87人が着任

     

◆埼玉県東入間署の建設工事から暴排を

埼玉県警本部施設課と捜査四課、東入間署は「東入間警察署建設工事暴力排除協議会」を立ち上げるとともに「こどもSOS防犯ステーション」を設置した(写真)。協議会を設立したのは、警察施設の公共工事から暴力団や暴力団関係企業の介入を排除し、公共工事の適正な履行を確保するため。子どもに対する声掛け事案や街頭犯罪発生時等の避難場所として、建設工事現場に防犯ステーションも設置し、犯罪の未然防止を図る。

埼玉県東入間署の建設工事から暴排を

  

~放射塔~「えらいこっちゃ」の掛け声で交通安全パレード

○…多発する交通死亡事故に歯止めをかけるため、愛知県守山署は「交通死亡事故多発えらいこっちゃ」を掛け声に、阿波踊りをしながら交通安全を呼び掛けるパレードを実施した。
○…総勢115人の一団は、名古屋市立森孝西中学校を出発。「交通安全」と記されたのぼり旗を手にした森孝西学区連絡協議会を先頭に、徳島県人会のメンバーで構成する阿波踊りチーム「阿波踊り鯱ほこ連」が続き、笛や太鼓のお囃子に合わせて約1.5㌔を練り歩いた(写真)。
○…パレードに参加した鯱ほこ連のメンバーは「自分たちの踊りが交通事故の減少に少しでも貢献できたらうれしい」と語り、事故防止に期待を寄せていた。

「えらいこっちゃ」の掛け声で交通安全パレード

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer