日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成24年中の児童虐待・児童ポルノ事犯検挙状況

警察庁は「平成24年中の児童虐待及び児童ポルノ事犯の検挙状況等」をまとめた。児童虐待で警察から児童相談所に通告した児童数は1万6,387人で前年に比べ大きく増加したほか、検挙件数・人員、被害児童数は過去最多となった。また、児童ポルノ事犯の送致件数・人員も過去最多だった。特に児童ポルノ事犯の被害児童のうち、56.3%は小学生以下の低年齢児童だった。
 

◆島根県警が県警友会連合会と災害時協力の協定

大規模災害発生時のボランティア体制を構築するため、島根県警は、県警OBの組織「島根県警友会連合会」と大規模災害時の協力協定を締結した(写真)。協定趣旨に賛同した会員約480人を「島根県警察災害サポーター」に登録し、緊急時の支援体制を整備する。同日の調印式で竹﨑輝雄会長が「社会貢献活動として警察活動を支援し役立つことに誇りと喜びを感じる」とあいさつ。彦坂正人本部長が「多くの皆さまに登録をいただき、大変心強く思う」と謝意を述べた。

島根県警が県警友会連合会と災害時協力の協定

   

◆若手企画の新規事業が事業化認定

奈良県警の生活安全部各課で勤務する若手職員「若手政策検討グループ」の5人が企画・立案した「学生ボランティア育成」事業が、平成25年度の新規事業に認められた。提案が事業化されたことで荒井正吾県知事から表彰され(写真)、必要な予算措置が取られることになった。事業は、協働する県内大学の授業枠を借り受け、「安全・安心まちづくり講座」を創設するなどの内容。学生ボランティアの育成を目的にしている。

若手企画の新規事業が事業化認定

◆ミュージカル「キャッツ」の出演者が反射材の普及広報

夜間中の高齢者交通事故を防ごうと広島県警は、夜道で光る猫の目と反射材用品を結びつけ、広島市で公演中だった劇団四季のミュージカル「キャッツ」の出演者を「交通安全キャッツ」に委嘱し(写真)、反射材用品などの普及活動を行った。「キャッツ」のロゴをデザインしたキーホルダー式のLEDライトを作成。劇場来場者らに配布した。

ミュージカル「キャッツ」の出演者が反射材の普及広報

  

~放射塔~オレオレ詐欺の被害を通帳で水際防止

○…振り込め詐欺等特殊詐欺被害を未然に防ごうと、群馬県警と県金融機関防犯連絡協議会連合会は、注意喚起文などを記した「通帳ケース」(写真)16万枚を作製した。金融機関職員に窓口を利用する高齢者に配布してもらい、被害防止につなげるねらいだ。
○…通帳ケース表面には「もうかります… うまい話で そんをする!」「待った! 振り込め詐欺!」「『携帯電話の番号が変わった』はオレオレ詐欺!」などの言葉を記載。県警は「出し入れの際、必ず被害防止ポイントを目にする」という住民の意識だけでなく、「職員が声を掛ける際、話のきっかけになる」と金融機関側の意識高揚にも期待を寄せる。
○…騙されて金融機関に行こうとした場合も、ケースを見ることで気づきのきっかけになり得る。金融機関職員による声掛けと啓発用通帳ケースの二重対策で詐欺被害を徹底的に封じ込める。

「暴走族根絶」をテーマにクリアファイル作成

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer