日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成24年中の暴力団情勢まとまる

警察庁は「平成24年の暴力団情勢」をまとめた。24年末現在の全国の暴力団構成員等は6万3,200人で、前年に比べ構成員、準構成員ともに減少、暴対法施行後過去最少となった。このうち山口組が全体の45.5%を占め、一極集中が続いている。検挙件数、検挙人員は減少した。また、暴力団等によるとみられる事業者襲撃事件が20件発生した。
 

◆地域交通安全活動推進委員で協議会委員会開く

宮城県警は、県内24警察署管内の地域交通安全活動推進委員協議会会長で構成される県協議会委員会を開催した。会議では今年の協議会の活動重点などを審議したほか、昨年の交通事故死者の約半数を占める歩行者事故を抑止するため、「歩行者の横断事故防止活動」「交通安全教育車による参加体験型交通安全教育」を盛り込むことを可決した。

   

◆京都府警が児相と初の実戦的訓練

児童虐待事案に適切に対応するため、京都府警は少年サポートセンターで京都市児童相談所、京都市第二児童相談所との実戦的訓練を初めて実施した(写真)。児童相談所が行う「立入調査」「臨検・捜索」を想定。同課と署生活安全課少年係の警察官19人と児童相談所職員22人が参加した。いずれの想定訓練でも、警察官と児童相談所職員が援助要請に基づく事前協議を実施。児童相談所職員から家庭の状況説明を受けた警察官が、職員に対して受傷事故防止を指導した。

京都府警が児相と初の実戦的訓練

◆震災の風化防止に秋田県警が広報啓発活動

秋田県警は「東日本大震災を風化させるな」を合言葉に、警察本部と各警察署が一体となった広報啓発活動をこのほど展開した(写真)。県警ホームページに関連特集を掲載するとともに、JR秋田駅や運転免許センター、各警察署などに写真・パネルを展示。津波避難広報伝達訓練や公安委員を含めた県警職員緊急参集システム運用訓練なども併せて行った。

震災の風化防止に秋田県警が広報啓発活動

  

~放射塔~「暴走族根絶」をテーマにクリアファイル作成

○…青少年の暴走行為や暴走族加入の防止を、同世代である高校生から呼び掛けてもらおうと、福岡県警は「暴走族根絶」をテーマとした標語入りポスターを高校生から募集し、発表した。
○…県内の高校53校から247点の応募があり、厳正な審査を経て、入選作品13点(最優秀賞1点、優秀賞2点、入賞10点)を選出。入選作品を県警ホームページに掲載するとともに、全13作品をデザインしたクリアファイル(写真)1万枚を作成し応募生徒が通う高校を中心に配布している。
○…最優秀と優秀の作品についてはポスター(7,000枚)も作成。県内の中学・高校、コンビニ、ガソリンスタンドなど訴求効果の高い施設に掲示を依頼している。

「暴走族根絶」をテーマにクリアファイル作成

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer