日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国優秀警察職員を表彰

警察庁は、東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で「全国優秀警察職員表彰式」を行った。今回表彰されたのは、いずれも警察職員として抜群の功績があり、他の職員の模範となると認められた92人。式では、米田壯長官が「警察功労章」を贈った後、長年にわたり職に精励し、立派な業績を挙げてきた職員をねぎらった。
 

◆群馬県警刷新強化の有識者懇談会立ち上げ

群馬県公安委員会が設置した群馬県警察刷新強化に関する有識者懇談会の第1回懇談会が2月28日、県警本部で開かれた(写真)。懇談会の委員8人は、法曹、経済、学識、自治、教育、心理相談、報道、知事部局といった各界を代表する有識者で、県公安委員会が委嘱。県警では昨年9月、県警刷新要綱を策定・公表し、組織を挙げた各種施策を推進しており、懇談会には各界有識者の経験と多角的な視点からの意見を警察刷新に生かすねらいがある。

群馬県警刷新強化の有識者懇談会立ち上げ

   

◆警察署の証拠物件を本部管理倉庫で一括管理

石川県警は、警察署で保管する証拠物件の紛失・誤廃棄の防止と証拠物件管理の負担軽減のため、長期保管に係る証拠物件(一定の要件を満たすもの)を本部管理倉庫で一括管理する制度をスタートさせた。本部管理倉庫は3月から運用開始。同時に封印による点検の合理化、警察署の証拠品確認担当者の指定制度も取り入れ、証拠物件の厳格な管理に努めている。

◆独身寮で「あ・ま・み伝承塾」を実施

鹿児島県奄美署は「あ・ま・み伝承塾」を実施した。毎月1回の同塾は、同署独身寮「ブルーリッジ平松」に居住する地域課の独身者が対象。地域課幹部が各方面の教養を行うのに併せて、課員同士の交流を図るねらいという。5回目となった今回は、地域課長が「非違事案防止教養」を行ったほか、代理らが「風営調査等からみるパチンコ遊技等の実態」などを教養。また、教養後には懇親会が開かれた(写真)。

独身寮で「あ・ま・み伝承塾」を実施

  

~放射塔~亡き妻への感謝を歌いCDに

○…― 一期一会「妻へ…ありがとう」―岡山県岡山西署の地域警察官2人が亡き妻に捧げる追悼歌をつくった。病魔に蝕まれながらも夫を気遣い、支えてくれた亡き妻に、生前に伝えられなかった感謝の言葉を演歌で熱唱している。
○…塚本定男巡査部長(56)と石山義和警部補(56)は、ともに数年前に妻を病気で失った。偶然にも同じ複数駐在所の勤務となり、互いに妻への思いを語り合ううちに共感を覚えたという。その思いを塚本巡査部長が歌詞に綴り、知人に作曲を依頼し、自費でのCD製作にこぎつけた(写真)。
○…歌詞には「長い道のりをおまえとふたり歩いてきたね 雨の日も 風の日も おまえの笑顔に支えられ 口では言えない苦労もあったけど 愚痴や泪も こぼさずに 妻へありがとう 感謝をこめて 今贈りたい」などと亡き妻への思いが込められている。CDは非売品で1,000枚を作製。2人は「支えてくれている人への感謝の気持ちを忘れないでほしい」と話し、希望者や東日本大震災の被災者に贈るという。

亡き妻への感謝を歌いCDに

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer