日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成24年中の人身取引事犯

警察庁は「平成24年中の人身取引事犯」についてまとめた。検挙件数は44件、検挙人員は54人(うちブローカー6人)、保護した被害者は27人だった。前年に比べ検挙件数、検挙人員ともに大きく増加した。被疑者の国籍は、日本が80%を占めたほか、風俗店関係者とブローカーで被疑者の57%を占めた。
 

◆近畿管区内交通安全教育コンクールを開催

近畿管区警察局は、大阪府堺市の同管区警察学校で「第4回近畿管区内交通安全教育コンクール」を開催した(写真)。第一線現場で活躍する交通安全教育担当者の知識、技能のレベルアップを図るねらいで、管区内の各府県警の代表が出場。競技の結果、奈良県高田警察署チームが第1位に輝いた。

近畿管区内交通安全教育コンクールを開催

   

◆豪雨災害からの復興へ安全・安心フェスタを開催

福岡県八女署は、地元パトロール隊や消防署、消防団と連携した住民参加型の大型イベント「上陽町安全・安心まちづくりフェスタ」を、八女市農業活性化センターと上陽公民館で開いた(写真)。今回のイベント開催地となったのは、昨年7月の九州北部豪雨で壊滅的な被害があった八女市上陽町。被災者に元気を取り戻してもらうことと、災害に乗じた窃盗事件や復興事業への暴力団介入を阻止するため「みんなで守ろう街の安全」をスローガンに掲げた。

豪雨災害からの復興へ安全・安心フェスタを開催

       

◆世界剣道選手権3位の女性警察官が講演

兵庫県警察学校は職務倫理教養の一環で、世界剣道選手権3位の本部教養課兼機動隊所属の川越愛巡査長による講演を開催。初任科生・初任補修科生と教職員の約200人が聴講した。講演で川越巡査長は、強くなるための目標を持つことの大切さ、そのためには家族、兄弟、友人、先生、先輩の支えがあってこそで、感謝の気持ちを忘れてはならないことなどを語った。

  

~放射塔~高齢者世帯の仮設住宅に防犯ブックを配布

○…宮城県警は、高齢者が被害に遭いやすい犯罪について被害防止ポイントなどを掲載した「高齢者のための防犯ブック」(写真)6,000部を作成した。被災地の高齢者を犯罪被害から守るため、県内仮設住宅の高齢者世帯に配布した。
○…A4判20㌻の防犯ブックでは、侵入犯罪や乗り物に絡む犯罪、利殖勧誘商法、悪質商法の被害防止策のほか、地域コミュニティの重要性や健康維持方法などをまとめた。高齢者にも分かりやすいように、イラストを交えて紹介している。
○…ほかにも、裏表紙に警察署や家族、知人などの電話番号が書き込める「我が家の電話帳」欄を用意。不審電話があった場合でも、すぐに確認できるよう工夫を凝らした。

高齢者世帯の仮設住宅に防犯ブックを配布

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer