日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年度の警察庁予算概算要求

警察庁がこのほどまとめた「平成25年度警察庁予算概算要求」は、総額2,675億8,300万円。重点分野として、テロの未然防止と緊急事態への対処態勢の強化をはじめ、サイバー空間の脅威への対処、警察基盤の充実強化などが盛り込まれた。また、サイバー犯罪対策や検視体制、暴力団対策を強化するため、地方警察官545人、警察庁職員186人を増員要求する。このほか、組織改正として、警備企画課にサイバー攻撃対策官を新設する。
 

◆条例施行で音声装置付き信号機の設置基準緩和へ

埼玉県警本部交通規制課は「埼玉県高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る信号機等に関する基準を定める条例」を、平成24年12月の県議会で採択、同月21日に施行した。条例を策定した目的は、歩行空間のバリアフリー化した信号機等の整備。条例は、横断歩道と歩行者用信号機が設置された信号機であっても音声装置などの設置が可能となるなど、基準の緩和が図られたのが特徴。

 

◆島根県警が広域避難の図上訓練

島根県警は島根原発の災害に備え、中国管区局や管区内各県警と協力し、広域避難を想定した図上訓練を実施した(写真)。約40万人の住民を県内はじめ隣県の岡山、広島等に避難させることなどを内容とする県広域避難計画が、全国に先駆けて策定(平成24年11月21日)されたことを受け、計画の実効性を高めることがねらい。中国管区局と管区内各県警から約65人の参加を得た。

島根県警が広域避難の図上訓練

       

◆市の広報誌に寸劇漫画の記事で特集

広島県江田島市が発行する広報誌「広報えたじま12月号」に、江田島署の署員が振り込め詐欺防止寸劇を再現している漫画風の記事が、見開き4㌻にわたる特集で掲載され(写真)、市民の話題を呼んでいる。掲載された記事は、昨夏の地域行事で交番・駐在所勤務員が主体となって披露した寸劇が基になっている。署員が振り込め詐欺の手口や対策などを紹介している。

市の広報誌に寸劇漫画の記事で特集

~放射塔~社会福祉施設で初任科生が介護体験

○…石川県警察学校は、介護体験等を通じて初任科生(長期生)の職業人としての自覚、奉仕の精神を涵養しようと、金沢市内の社会福祉施設(高齢者介護施設や障害者自立支援施設等の4施設)で、2日間にわたる福祉ボランティア活動を実施した(写真)。
○…参加した学生22人は、高齢者介護施設の入居者の食事を手伝ったり、話し相手になったりしたほか、施設内でのウイルス感染防止のために車椅子や階段の手すり等の消毒作業に従事した。また、障害者自立支援施設では、福祉的就労作業とともに通所者と積極的にコミュニケーションをとった。
○…普段の学校生活では味わえない体験をし、多くの入居者から「ありがとう。これからも市民のために頑張ってくださいね」と声を掛けられ、学生は「奉仕の精神とは何か。言葉だけではなく、自らの体験として学ぶことができた」と話していた。

社会福祉施設で初任科生が介護体験

 

▼2014年1月~6月

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2013年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



footer