日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆東アジアの組織犯罪対策を国際会議で協議

警察庁主催の「2012年東アジア地域組織犯罪対策代表者会議・東アジア地域犯罪組織コンタクトポイントセミナー」が、12月4日、5日の2日間にわたり、東京・港区の三田共用会議所で開かれ、各国の組織犯罪の実態発表や意見交換が行われた。開会式で、片桐裕長官は、「組織犯罪対策を一段と強化するため、職員を派遣したり、定期的に情報交換を開催するなどして、協力関係を一層強固なものにしたい」と挨拶した。
 

◆埼玉県警で選挙カーの道交法適用などを事前教養

第46回衆議院議員総選挙を前に埼玉県警は、運転免許センターで、選挙運動に関する道路交通法令適用上の取扱いなどを指導する事前教養を実施した。選挙の公平性を確保するため、県内39署の交通課長や交通規制の事務を担当する警察官ら55人(警部4人、警部補36人、巡査部長11人、巡査3人、事務職員1人)が、選挙運動用自動車に係る道交法の特例と設備外積載の許可、選挙運動に伴う道路使用許可、交通事故防止上の留意事項などについて学んだ。

 

◆静岡県警で実戦的災害警備訓練を実施

静岡県警は、今年新たに編成した緊急災害警備隊の災害対処能力の向上を図るため、鉄筋コンクリート4階建ての解体予定施設を利用した実戦的な災害警備訓練を実施した。民間企業の協力を得て実現した訓練で、広域緊急援助隊と緊急災害警備隊の計121人が、建物の破壊や切断などの基本訓練(写真)、ブラインド方式による建物内からの救出救助訓練に取り組んだ。

静岡県警で実戦的災害警備訓練を実施

       

◆函館山で安全・安心フェスティバル

犯罪の起きにくい社会づくりを実現するため、幅広い世代が集まり音楽の力で絆を深めようと、北海道函館方面函館西署は、函館のシンボル「函館山」で「安全・安心フェスティバル」を開催した(写真)。フェスティバルでは観客約200人が見守る中、小学生による金管バンド演奏や縄文音楽演奏などが催された。

函館山で安全・安心フェスティバル

~放射塔~非違事案防止へ心に残る言葉を小冊子に

○…宮城県大河原署では、非違事案防止対策の一つとして、『私の心に残る言葉集』(写真)を発行し、署員の団結を図っている。
○…同集は「警察改革の精神」にかかわらず、署員それぞれが大切に思っている言葉や自分を変えた一言などと、それにまつわるエピソードをまとめたもの。署員それぞれがこの言葉を共有することで、警察官としての使命感や誇り、規範意識等を高めようというねらいだ。
○…『100-1=0』(百の仕事をこなしていても、一つの非違事案を起こせば台なしになる)や『大変なこととは、自分が大きく変わるために必要なこと』(大変なことを乗り越えた先には大きく成長した自分がいる。どんなときも前向きに)など、どれも心に響く言葉が綴られている。

非違事案防止へ心に残る言葉を小冊子に

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer