日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆島根大学と包括的連携・協力の協定結ぶ

「安全・安心な地域社会の実現」に向けた活動を一層推進するため、島根県警は、島根大学(国立大学法人)と包括的連携・協力に関する協定を締結した(写真)。事件・事故などに対する県民の不安感を解消するため、大学が有する高度な知的財産や学生の有する若い力に着目し、▽県民が、自ら安全を確保するための支援▽安全・安心な地域社会の実現を担う人材の育成▽事件・事故防止に関する共同研究―の3点について連携・協力した取組みを推進するという。
 

島根大学と包括的連携・協力の協定結ぶ

◆埼玉県警で核燃料輸送事故時の教養を実施

埼玉県警は、高速道路交通警察隊を中心に生活環境第一課や警備課、県情通部機動通信課などを対象とした、核燃料物質等輸送事故発生時の対応に関する教養を実施した(写真)。県内の原子力災害は核燃料物質等輸送時の事故が想定されるため、事故発生時に第一に現場臨場する可能性が高い高速隊員を対象に、現場活動時の警察職員の被ばく防止と初動対応要領の習熟を図るというもの。

埼玉県警で核燃料輸送事故時の教養を実施

 

◆少年が「大安DASH村」で稲刈りを体験

岐阜県大垣署は、少年ボランティア協議会等とともに、「大安DASH村~米土(マインド)ファーム~」を開村している。農業を通じて、少年の居場所づくりを支援するもの。今回の稲刈りには、喫煙や深夜はい徊等の問題を抱える少年や関係者等34人が参加し、田んぼを管理している少年警察ボランティアの教えを受けながら、鎌で丁寧に稲を刈り取り、その稲をコンバインで脱穀した(写真)。

少年が「大安DASH村」で稲刈りを体験

         

◆兵庫県姫路署が高齢ドライバーのスクールを開催

兵庫県姫路署と姫路交通安全協会は、高齢ドライバーの交通事故防止を目的としたシルバードライバースクールを県自動車学校姫路校で開催した。姫路地区高齢者クラブの27人が3班に分かれ、車両整備や基本的運転操作訓練、シートベルトコンビンサーと発煙筒、S字カーブ運転(飲酒運転ゴーグル使用)などの体験・実技に取り組んだ。

~放射塔~高校生が育てたパンジーで交通安全呼び掛け

○…宮城県亘理署は、管内にある亘理高等学校の生徒や教職員と一緒に、県道を通行する車両のドライバーに、同校で育てたパンジーの苗200鉢と啓発チラシを手渡す「交通安全フラワー作戦」を展開した。
○…東日本大震災により甚大な被害を受けた同署管内は現在、震災復興工事が盛んに行われ、多数のダンプが流入し交通量が増加するなど、重大事故の発生が懸念されている。今回の取組みに対する生徒の意気込みは「花を見て交通安全意識を高めてもらいたい」といつも以上に強く、真剣な表情で事故防止を呼び掛けていた。
○…10年ほど前から毎年春と秋の年2回行われている交通安全フラワー作戦。ドライバーだけでなく今回は、県道に隣接する震災応急仮設住宅約90世帯の入居者にも、パンジー等の苗を植えたミニプランター200個をプレゼントし(写真)、震災からの早期復興を願った。

高校生が育てたパンジーで交通安全呼び掛け

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer