日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆コミュニティサイトにおける児童被害事犯の調査結果

警察庁は、平成24年上半期の「コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果」をこのほどまとめた。上半期に検挙した福祉事犯等599件の被疑者483人、被害児童509人を対象に行った。前回平成23年下半期の調査と同様に、被疑者の犯行動機は性交目的を含め児童との接触目的が9割以上を占めた。また、サイト内のミニメールを利用した事犯が5割以上を占めた。
 

◆北海道警で冬山遭難防止のシンポジウム

冬山の正しい知識と情報を提供して冬山シーズンの山岳遭難を防ごうと、北海道警と道山岳遭難防止対策協議会の主催で「冬山遭難防止を防ぐためのシンポジウム」が開かれた(写真)。今の時期の登山は、天候急変による道迷いや雪崩で遭難増加が懸念される。シンポジウムには、中高年者だけでなく若年層を含めた幅広い年齢層の登山愛好家350人が参加し、冬山の注意点や危険回避行動などを学んだ。

北海道警で冬山遭難防止のシンポジウム

 

◆群馬県警でトップマネジメント研修

群馬県警は、県民の視点に立った組織運営の意識改革と豊かな知識の修得、管理能力の向上を図るため、上武大学学長(医学博士)の鈴木守氏を講師に招き、トップマネジメント研修を行った。地域、交通各部長、首席監察官はじめ本部内所属長など85人が受講。鈴木氏は「国民の視点に立った組織運営について~今、組織のリーダーに求められるもの~」をテーマに講演した(写真)。

群馬県警でトップマネジメント研修

         

◆福井県警でメロディパトロールを開始

パトカーから音楽を流し、巡回中であることを知らせる「メロディパトロール」が、福井県警で始まった。これまでの「見える・見せる活動」に加え、「聞かせる活動」で県民の安心感を高め、犯罪等に対する県民の不安解消に努めるとともに、犯罪の未然防止と県民の体感治安の向上を図る。福井署で行われた出発式(写真)では、署員12人がミニパト6台に分乗しパトロールに出発した。

福井県警でメロディパトロールを開始

~放射塔~デコレーション防犯ブザーの優秀作品集う

○…性犯罪被害に歯止めをかけようと、福岡県筑紫野署が女子高生を対象に、この夏開いた「デコレーション防犯ブザーコンクール及び同ワークショップ」。防犯ブザーを女子高生にデコレーションさせ、愛着のあるマイブザーとして常時携帯してもらうという取組みだ。
○…そのマイブザーの優秀作品8点を、先月の全国地域安全運動における筑紫地区安全安心まちづくり推進大会で表彰した。携帯率をさらに向上させるためで、応募された41作品はいずれも力作揃い。高校生の豊かな感性が溢れていた(写真)。
○…同署では今後も「あん・あんデコアラーム」と称して、管内女子高生を中心に取組みを進め、防犯意識の高揚につなげるという。

デコレーション防犯ブザーの優秀作品集う

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer