日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期のインターネット・ホットラインセンター運用状況

警察庁は、平成24年上半期の「インターネット・ホットラインセンター(IHC)の運用状況」と「違法・有害情報の検挙状況」をまとめた。IHCが受理した通報件数は9万9,052件、情報件数は10万1,715件で、それぞれ前年に比べ増加した。このうち、警察への違法情報の通報は1万725件で、これを端緒に1,988件を検挙、全国協働捜査方式の運用で大幅に増加した。
 

◆神奈川県警で職質技能指導員等の研修会

神奈川県警は、職務質問技能指導員と準技能指導員約160人を対象とした研修会を開いた。警察庁から上土居能一地域課補佐を招くとともに、只野司地域部長や中野良則地域指導課長が出席。受講者は指導担当者の講話やロールプレイング教養などを通して、職質の技能と指導力の向上、指導者間相互のネットワーク構築を図った。また、秋の異動で技能指導員(5人)、準技能指導員(15人)に指定された者に対して指定書も交付された。

◆視聴覚教養DVD「明日への道標」を制作

大阪府警は、使命感と誇りを醸成し、警察改革の精神を浸透させるため、視聴覚教養DVD「明日への道標」(写真)を制作した。パワーポイントのスライドショーとアニメーション機能を駆使し、文字と写真にあわせて音楽やナレーションが流れる。全4編で構成され、片桐裕警察庁長官の訓示を分かりやすくまとめた「警察改革の精神」編などを収録している。

視聴覚教養DVD「明日への道標」を制作

      

◆タクシー協会と飲酒運転撲滅活動の協定結ぶ

飲酒運転撲滅活動の実効性を高めようと、福岡県宗像署は、管内に所在する宗像タクシー協会と「飲酒運転撲滅活動に関する協定」を締結した。締結に至るまで協議を重ねてきた両者の代表が協定書に調印。内容は、タクシー運転手による警察への通報はじめ、警察官や運転手への協定内容の周知徹底、運転手から通報を受けた場合の警察官の措置、運転手に対する飲酒運転撲滅や交通安全に関する講習について定めている。

~放射塔~警友会が「術科十徳」を贈呈

○…石川県警本部・武道場で、「術科十徳」を揮毫した額の贈呈式が行われた。「術科十徳」とは、剣道や柔道、逮捕術などの術科の必要性や効果を説いたもので、術科に力を入れる桐原弘毅本部長が提唱したもの。
○…当日、片田外美三県警友会会長が「術科十徳を広く県警察全体で理解、徹底し、今後一層、県民の期待に応える力強い警察を確立してほしい」と述べ、「術科十徳」が揮毫された額を桐原本部長に手渡した(写真)。
○…「術科十徳」には、「術科訓練の目的は気力、体力、胆力、そして技を身につけること。現場における執行力の強化、健康の増進、士気高揚などにも効果があり、最終的には治安の向上にもつながる」という桐原本部長の熱い思いが込められている。「攻撃から身を守り、受傷事故を防止する」「礼節を尊び、県民の信頼を高める」など10項目。

警友会が「術科十徳」を贈呈

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer