日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国生活安全・地域担当部長会議を開催

警察庁は、東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で「全国生活安全・地域担当部長会議」を開き、生活安全・地域警察当面の諸問題について協議した。席上、片桐裕長官は、①「警察改革の精神」の徹底のための施策の推進②サイバー犯罪の取締り及び態勢の強化③少年非行防止対策④巡回連絡等による地域の実態把握⑤高齢者を中心とした特殊詐欺、利殖勧誘事犯等防止対策の推進―などについて訓示した。
 

◆秋田県警で交通事故事件捜査実戦塾

秋田県警は県警察学校で、警察庁指定交通鑑識広域技能指導官の大湯廣・青森県警交通指導課補佐を招いて、交通事故事件捜査実戦塾を開いた。交通事故解析の基礎や鑑定・解析事例など科学的な捜査手法を主体とした教養内容で、事故解析の要領などを学んだ署交通課員・本部執行隊員は「物証に基づく捜査手法を目の当たりにして交通捜査にますます興味がわいた」などと意欲を示していた。

◆自転車の安全利用テーマにしたフォーラム開く

さいたま市文化センターで「交通事故のない安心・安全なまちづくりフォーラム」が開催された(主催・埼玉県道路交通環境安全推進連絡会議(県警、国土交通省、県、市))。同フォーラムは「みんなで考えよう自転車の交通事故防止」をテーマに、効果的な自転車通行環境の整備手法などを県民と一緒に考えるイベント。2部構成で、第1部では交通整備手法の事例紹介とパネルディスカッション(写真)が、第2部ではタレントのダンディー坂野さんらによるトークショーが行われた。

自転車の安全利用テーマにしたフォーラム開く

      

◆奈良県橿原署で関係機関と合同の災害警備訓練

奈良県橿原署は「県西部を震源とするマグニチュード8の大地震が発生し、橿原市内において、建物の倒壊や火災により多数の負傷者が発生している」との想定で、市役所などの関係機関と合同で災害警備訓練を実施した(写真)。同署や本部地域課航空隊、県情通部機動通信課の警察部隊はじめ、市役所、橿原消防署、市消防団の総勢約120人が参加した。

奈良県橿原署で関係機関と合同の災害警備訓練

~放射塔~家族招いた職場見学会で団らんのひととき

○…富山県上市署は、職員家族ら28人を招いて職場見学会と昼食会を開催した。家族に、警察官である父親や息子の勤務場所や訓練状況を実際に見てもらうとともに、ふれあいの場を設けることで職務への理解を深めてもらうねらい。
○…当日、署を訪れた職員家族は庁舎を一巡した後、通常点検や暴漢の制圧を想定した逮捕術訓練を見学。指紋採取やパトカーの試乗も体験し、初めての経験に多くの笑顔が見られた。
○…玄関前での記念撮影では、全員の笑顔をパチリ(写真)。続く昼食会でも、署員手作りの豚汁を囲みながら、和やかな団らんのひとときを過ごした。

家族招いた職場見学会で団らんのひととき

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer