日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の出会い系サイト等起因事犯

警察庁は「平成24年上半期の出会い系サイト等に起因する事犯の現状と対策」についてまとめた。出会い系サイト起因事犯の検挙件数、犯罪被害に遭った児童は昨年同期に比べ減少した。また、コミュニティサイト起因事犯の検挙件数、被害児童も減少した。全国の警察では、引き続き禁止誘因行為等の書き込み違反者に対する取締りや、児童・保護者・学校関係者への広報を推進する。
 

◆長野県警で実戦的現場対応措置訓練会

他所属の訓練指導方法を学び合い、警察署等での実戦的総合訓練の中核である訓練指導員の指導力と若手警察官の実務能力を向上させようと、長野県警は、県警察学校で実戦的現場対応措置訓練会を開いた(写真)。県内22署はじめ事件事故の初動対応の要である自ら隊、機捜隊が参加。各所属の指導員チーム(所属で訓練指導に当たる4人。リーダーは警部補)は、他所属の若手警察官チーム(採用時教養修了後3年未満の男女混合の2人)に40分間、現場対応措置について指導した。

長野県警で実戦的現場対応措置訓練会

◆特別派遣から帰県の管区機動隊員に「家族の集い」

島根県警は、管区機動隊の第52次福島県警特別派遣からの帰県にあわせて、「管区機動隊家族の集い」を開いた。被災地を中心に全国各地の現場で活動している隊員とその家族を慰労するとともに、隊員家族間の絆を深め、不安感を解消するねらい。集いでは、保健師が家族に、健康管理対策や現場での活動状況などを説明したほか、隊員らが彦坂正人本部長へ帰県申告した。

      

◆高校放送部員が自転車マナー啓発ビデオを制作

兵庫県たつの署管内の太子・龍野・龍野北の県立高校3校放送部員がつくった自転車マナー啓発ビデオ(写真)の制作発表会がたつの交通安全協会で開かれた。3校生徒自転車利用者の並進や携帯電話使用などに対する改善要望が警察や各校に寄せられているほか、中・高校生の自転車利用中の交通事故負傷者が3年連続で増加していることから企画した。

高校放送部員が自転車マナー啓発ビデオを制作

~放射塔~ブラジル人児童を集めた交通安全フェスタ

○…愛知県安城署は日本の交通ルールの理解と交通安全意識の高揚を目的に、ブラジル人児童を集めた交通安全フェスタを開いた(写真)。
○…会場には、交通安全教育チーム「あゆみ」の交通安全クイズや県警音楽隊の演奏などのイベントを用意。白バイ・パトカーの展示コーナーや自転車シミュレーターを活用した交通安全ブースも設置され、大勢の児童の笑顔で溢れた。
○…当日は約300人が来場。フェスタに参加するために県外から駆けつけた児童も多く、「来年も是非参加したい」と好評だった。

ブラジル人児童を集めた交通安全フェスタ

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer