日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆しめやかに全国警察職員・警察協力殉難者慰霊祭

(公財)警察協会が主催、警察庁と各都道府県警察が後援する「平成24年全国殉職警察職員・警察協力殉難者慰霊祭」が、東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門でしめやかに執り行われた。式には、野田佳彦内閣総理大臣はじめ小平忠正国家公安委員会委員長、金澤昭雄警察協会会長、片桐裕警察庁長官はじめとする同庁幹部、各都道府県警察本部長、遺族等が出席。今回新たに合祀された殉職警察職員は、8柱、また警察協力殉難者は、3柱の計11柱で、式では合計6157柱の御霊を慰めた。
 

◆広域技能指導官招き交通事故事件捜査の研修会

島根県警は交通捜査員の現場捜査能力を向上させるため、警察庁指定広域技能指導官である大阪府警交通捜査課の幸田良基警部を講師に招き、県警察学校で「交通事故事件捜査における事件指揮及び捜査要領について」と題する交通事故事件捜査研修会を開いた。幸田警部は講義で、ひき逃げ事件や危険運転致死傷罪の立証など交通事故事例に基づく事件指揮と捜査要領を分かりやすく説明した。

◆3府県警が連携して車上ねらい被害防止キャンペーン

大阪、京都、兵庫の3府県警と経済団体、自治体が広域防犯対策として推進する「三都広域防犯対策プロジェクト」の一環で、「車上ねらい被害防止キャンペーン」が、大阪市中央区北浜の淀屋橋交差点で行われた(写真)。3府県で多発している車上ねらい被害に対する市民の防犯意識を高めるため、日本損害保険協会の協力で作成した防犯マグネットシートを阪急バス㈱の路線バスに貼付する広報活動を行った。

3府県警が連携して車上ねらい被害防止キャンペーン

    

◆長崎県大浦署で高齢者交通安全の集い開く

長崎県大浦署は、大浦地区交通安全協会、同交通安全母の会、同地域交通安全活動推進委員と協賛し、長崎市ダイヤランド地区で「高齢者交通安全のつどい」を開いた(写真)。原芳弘交通部長、本田潔市土木部長や地域の高齢者ら約130人が出席。西田洋雄署長が老人会の代表者に夜間反射材やLEDライトを贈呈し、地区全体での着用の定着を呼び掛けた。

長崎県大浦署で高齢者交通安全の集い開く

~放射塔~人手の多い観光施設でシートベルト着用を呼び掛け

○…愛知県犬山署は、管内の観光施設に協力してもらい、交通安全キャンペーンを開催した。
○…車や人の動きが活発になる秋の行楽期を迎え、人手の多い管内の観光施設「日本モンキーパーク」「野外民族博物館リトルワールド」「博物館明治村」とタイアップした取組み。今回は「日本モンキーパーク」を会場に、施設の従業員とキャラクターなどで編成した「全席シートベルト着用させ隊」が、車両での来場者に帰宅時の交通安全と「全席シートベルト着用」を呼び掛けた(写真)。
○…同施設は家族連れが多数訪れるアミューズメントパーク。子どもたちからは「モンパ君などのキャラクターがいたので楽しかった」と笑顔が見られた。

人手の多い観光施設でシートベルト着用を呼び掛け

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer