日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の暴力団排除活動等の推進状況

警察庁は「平成24年上半期の暴力団排除活動等の推進状況」についてまとめた。全国の警察では、公共事業のほか、金融機関、中小企業、プロスポーツ界等各種業界等から暴力団排除を推進している。また、各省庁、自治体、業界団体等と連携を図りながら、東日本大震災に係る復旧・復興事業からの暴力団排除も推進した。
 

◆高齢者の事故抑止に「ピッカリゾーン」を指定

高齢者の交通事故抑止につなげようと、青森県警は道路管理者の県県土整備部道路課と連携し、高齢の歩行者や自転車利用者の交通事故被害が多く、通行が多い場所を、高齢者交通事故発生危険ゾーン「ピッカリゾーン」に指定(写真)。ゾーン内に、「ゾーンを示す道路のカラー舗装や看板等」「反射材効果を体験できる反射材付き看板、パネル等」を設けた。

高齢者の事故抑止に「ピッカリゾーン」を指定

◆宮城県警が海保と合同で行方不明者捜索

東日本大震災から1年半が経過した9月末現在、宮城県内では、今なお1,400人近くが行方不明となっている。県警では、機動隊と管区機動隊の隊員160人で「行方不明者特別捜索隊(隊長・佐々木公機動隊長)」を編成し、行方不明者家族などの要望に応える捜索活動を継続している(写真)。さきごろ海保と合同で行った捜索では、南三陸町沖合の小さな無人島で、震災犠牲者と思われる白骨化した遺体を発見し、着衣に残されていた健康保険証とDNA型鑑定の結果、身元が判明したため家族に引き渡した。

宮城県警が海保と合同で行方不明者捜索

   

◆初任科生が夜間の実戦的訓練に挑戦

山口県警察学校は、初任科第164期生(短期課程)と第165期生(長期課程)合同による夜間の実戦的訓練を行った。卒業間近の短期課程、実務研修前の長期課程の学生それぞれに、夜間の視認性の悪さと職務執行の困難性、装備資機材の有効性を体験させることで、殉職受傷事故防止を踏まえた的確な職務執行を身に付けさせるねらい。▽異常発報対応要領▽自動車検問要領▽自転車職質要領▽夜間視認性実験―の4想定に学生が挑んだ。

~放射塔~国体の炬火リレーを白バイ隊員が先導

○…さきごろ岐阜県各地で行われた第67回国民体育大会(9月29日開会)と第12回全国障害者スポーツ大会(10月13日開会)の開催に伴う「炬火リレー」で、岐阜県警本部交通機動隊の白バイ隊員延べ82人が51日間にわたり、県民ランナーの先導を務めた(写真)。
○…炬火リレーは、7月16日に乗鞍岳(高山市)で採火が行われ、県民ランナーが炬火をつないだ。県内全42市町村を巡り、9月12日に最終目的地の岐阜市に無事到着した。全コース約1,158㌔中、走者によるリレーが行われた約398㌔を白バイ隊員が先導。女性隊員を含め、白バイ1台もしくは2台の体制で、走者と沿道の市民の安全確保に当たった。
○…県民の大会開催機運の高揚と一体感の醸成に大きく貢献した同隊に、リレー走者から「白バイに先導してもらうことで、安心して走ることができた」との感謝の声も聞かれた。

国体の炬火リレーを白バイ隊員が先導

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer