日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国地域安全運動中央大会開く

警察庁と公益財団法人全国防犯協会連合会主催の「平成24年全国地域安全運動中央大会」が、東京・港区元赤坂の明治記念館で開かれた。大会では太田美明全防連会長のあいさつ、松原仁国家公安委員会委員長(10月1日退任)の祝辞、片桐裕警察庁長官のあいさつがあり、防犯功労者(防犯栄誉金章)94人、防犯功労団体37団体が警察庁長官と全防連会長の連名で、功労ボランティア団体30団体と今年の公募ポスター・標語最優秀賞8人に全防連会長名で表彰が行われ、最後に大会宣言が読み上げられた。
 

◆似顔絵登録捜査員の候補者を認定

富山県警は、東日本大震災から1年半を迎えた9月11日、災害時の遺体の身元確認や犯罪捜査で似顔絵を担当する「似顔絵登録捜査員」の候補者31人を初めて認定した。今回新たに、似顔絵に技術と関心を持つ警察官を候補者として認定することで、災害時や犯罪捜査に必要な登録捜査員のすそ野を広げるねらいだ。認定式後、候補者は、警察庁指定広域技能指導官や画家から人物画の描き方や、似顔絵の作成方法などを学んだ(写真)。

似顔絵登録捜査員の候補者を認定

◆宮城県警で特別出向者意見交換会

宮城県警は、東日本大震災に伴う特別出向者の現状、要望等に関して意見を交わし、今後の処遇改善・運用に関して検討するための「特別出向者意見交換会」を開催した。警察本部から警務課はじめ関係所属の担当補佐が、特別出向者は配置所属(4執行隊、9署)から各1人が出席した。

   

◆茅野市と災害時の代替施設利用協定結ぶ

長野県茅野署と茅野市は、災害で警察署施設または自治体庁舎が倒壊・損傷し使用不能になった場合に備えて、もう一方の施設を相互利用できるとする協定を結んだ。児平清光署長と柳平千代一市長が協定書に調印した(写真)。協定締結は県内初という。警察署施設と自治体庁舎は災害発生時、初動体制を確立する上での拠点となる。協定の適用対象は、地震、風水害、土砂災害、その他災害または武力攻撃事態などにまで及ぶ。

茅野市と災害時の代替施設利用協定結ぶ

~放射塔~小町娘を一日警察署長に委嘱

○…「秋の全国交通安全運動」を盛り上げようと、平安の女流歌人「小野小町」の生誕地とされる湯沢市を管内に持つ秋田県湯沢署では、第45代小町娘の髙橋菜穂子さん(交通安全協会職員)を一日警察署長に委嘱した。
○…安全運動初日の出発式に、当時の旅姿(市女笠)で登場した髙橋さん(写真)は「県内では本格的な農繁期を迎え、軽トラックによる事故が多発している。また、夕暮れも早まることから早めのライト点灯等を呼び掛けて一件でも悲惨な事故を減少させてほしい」と管内各地区から集まった交通指導隊員らを激励した。
○…激励を受けた指導隊員らは「交通事故が多発して、小野小町の優美なイメージを汚すことのないよう、これまで以上に警察と連携して活動していきたい」と誓い、管内パトロールに出発した。

小町娘を一日警察署長に委嘱

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer