日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成24年上半期の特殊詐欺の認知・検挙状況

警察庁は、このほど「平成24年上半期の特殊詐欺の認知・検挙状況」をまとめた。特殊詐欺全体の認知件数は3721件、被害総額は153億4783万円で昨年同期に比べ大幅に増加した。振り込め詐欺の認知件数は昨年同期に比べ減少したが、被害額は増加。このうち、オレオレ詐欺の認知件数、被害額は減少したが、架空請求詐欺と還付金詐欺は増加した。また、交付形態としては現金受取型が増加、地域別では首都圏地域が減少する一方、近畿圏が増加している。

◆京都府警が高齢者交通事故防止のアンケート実施

高齢者交通事故防止対策のための京都府内一斉アンケート調査が行われ、65歳以上の高齢者1136人が回答した。4月19日から5月11日までの間に▽外出頻度、時間、目的、手段等▽反射材利用▽安全意識―に関することについて府内全署で聴取した。府警では今後、高齢者の日常的な行動特性を把握した上で、重点的な交通安全対策を推進していく。

 

◆第3回奈良県サイバーテロ対策連絡協議会を開催

奈良県警察警備部は生活安全部、県情報通信部と合同で「第3回奈良県サイバーテロ対策連絡協議会」を開催した。サイバーテロの未然防止と企業における危機管理意識の醸成を図るもので、重要インフラ事業者と警備部長を室長とする県警サイバーテロ対策プロジェクト員など約40人が出席、松木平博視警備部長が「国内外で、政府機関等に対するサイバー攻撃や情報窃取を目的とした標的型メール攻撃が急増している。サイバー空間の脅威が常に身近にあることを認識していただきたい」と注意を呼び掛けた。

◆北海道西署で開署50周年記念行事

北海道西察署は、今年8月1日で開署50周年を迎えるため、記念行事として「警察署の一般公開」(写真)と「記念植樹」を行った。一般公開は7月29日に行われ、 警察犬による遺留品の臭気識別訓練や災害救助訓練の実演、子どもを対象とした自転車の安全教室などを実施。8月1日にはエゾヤマザクラの苗木2本を署長以下の署員で植樹した。

北海道西署で開署50周年記念行事

~放射塔~「薩摩剣士隼人」が手信号の意味を教示

○…鹿児島県警察はこのほど、県民のヒーロー「薩摩剣士隼人」が写真入り画面で、手信号の意味を紹介するページを県警ホームページ(http://www.pref.kagoshima.jp/police/)内に掲載した。
○…県警ではこれまでに、計画停電に対応するため各署等での手信号訓練を重ねてきたが、今回の試みには、手信号に不慣れな一般ドライバーや歩行者に対して、手信号の意味を分かりやすく、幅広い世代に周知させるねらいがある。
○…同ページでは、薩摩剣士隼人が3色の手信号の意味とともに、滅灯した押ボタン式信号機や信号機のない横断歩道の渡り方を紹介。子どもにも理解しやすいよう説明書きも添えている(写真)。このページ画面は、新聞やテレビにも大きく報道され、手信号に対する県民の関心の高まりが期待されている。

「薩摩剣士隼人」が手信号の意味を教示

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer