日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆秋の全国交通安全運動推進要綱決まる

「平成24年秋の全国交通安全運動」が9月21日から10日間展開される。政府の交通対策本部は、さきに推進要綱を決めた。内閣府、警察庁はじめ関係省庁、各都道府県、関係団体等が主催し「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本に▽夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)▽全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底▽飲酒運転の根絶―を重点に推進する。

◆岡山県警で全市町村長集めた意見交換会

安全・安心な岡山の実現に向け、岡山県警は、岡山市内で県内全市町村長との意見交換会を開催した。治安対策に係る各種施策の推進について、各首長に直接働き掛け、理解と協力につなげるほか、所轄警察署と各市町村とのさらなる連携強化に向けた環境づくりが目的。原信造本部長はじめ各部長等幹部9人と、県内の全市町村長(15市、12町村)が一堂に会した。

◆愛知県岡崎署で自転車サイクルカードの運用開始

愛知県岡崎署は、高校生の自転車利用マナーを向上させようと、学校と連携して違反者にカードを配り、指導する取組みを行っている。県内初の取組みで、自転車の安全利用を推進するモデル校に指定されている県立岡崎商業高等学校を対象に、試験的に運用を始めた。違反者に配られるカードは、「自転車サイクルカード」と名付けられた(写真)。

愛知県岡崎署で自転車サイクルカードの運用開始

 

◆群馬県警の嶋﨑本部長が女子大で講演

群馬県警の嶋﨑郁本部長が、群馬県立女子大学で「外交経験を活かした県警察の取組」と題して講義を行った(写真)。学生約100人と一般参加者が聴講した。同大学は、県内唯一の4年制女子大学。治安情勢や警察活動・公務の重要性について、次代を担う学生の理解を深めるとともに、女性警察官の採用拡大を図ろうと、県警が講義の実施を申し入れた。

群馬県警の嶋﨑本部長が女子大で講演

~放射塔~署長から家族に暑中見舞い

○…三重県名張署は「警察改革旬間」に合わせ、全署員の家族に、署長からの「暑中見舞い」(写真㊨)を発出した。
○…はがきには涼を誘う管内の名勝「赤目四十八滝」の挿絵をあしらい、文面には「署員の活躍ぶりの労い」「署員を支える家族の協力に対する謝辞」「全警察職員を挙げた『警察改革』への取組みに対する家族の理解とさらなる協力」など、辻署長の熱い思いを記した。
○…思いがけない、署長からの季節のあいさつに対し、県外で別居する署員の両親から「どうぞ息子をよろしくお願いします」との返礼(写真㊧)が届くなど、一枚のはがきは署員家族との「絆の醸成」に一役買うこととなった。

署長から家族に暑中見舞い

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer