日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成24年上半期の道路交通法違反取締り

警察庁は「平成24年上半期の道路交通法違反の取締り状況」についてまとめた。取締り総件数(点数告知件数、放置違反金納付命令件数を含む)は562万3,409件で、昨年同期に比べ137件(0.002%)減少した。このうち無免許運転や飲酒運転などの重点違反は208万6,281件で、昨年同期に比べ8万9,084件(4.5%)増加した。

◆青森県警で若手交通警察官の教養効果検証会

若手交通警察官の早期育成を目的に、青森県警が今年4月から実施している「ABCプログラム」に基づいた教養と指導の効果を計る検証会が、県運転免許センターで開かれた(写真)。検証会では、専務任用後2年以内の交通警察官を対象に、現場を想定した交通取締りと交通事故捜査を行わせたところ、知識不足や受傷事故防止への意識不足などが認められた。そのため交通指導課員が、自信を持った職務執行をさせるための補強教養を行った。

青森県警で若手交通警察官の教養効果検証会

 

◆警視庁で管下一斉自転車ストップ作戦

警視庁は、都下97署(島部を除く)一斉に、「管下一斉自転車ストップ作戦」を実施した。自転車のルールやマナー順守を呼び掛けるねらい。各署が制定した「自転車重点地区・路線」110カ所で、朝夕の通勤・通学時間帯を中心に展開。警視庁光が丘署は、練馬区・都営大江戸線光が丘駅前の路上で安全運転を呼び掛けた(写真)。

警視庁で管下一斉自転車ストップ作戦

 

◆奈良県警で「警察改革の精神」の年代別検討会

奈良県警は「警察改革の精神」の内在化を図り非違事案の絶無を期すことを目的に、年代別の検討会を開いた(写真)。県内各署から20代14人と30代16人が集まり、オブザーバーとして岡本好央県公安委員も同席。「自分にとっての警察改革」「今後の警察のあるべき姿と非違事案防止に向けて自身がなすべきこと」をテーマに意見を発表し、事例をもとに非違事案の発生原因や問題点などについて活発な意見を交わした。

奈良県警で「警察改革の精神」の年代別検討会

~放射塔~張りぼての「コノハけいぶ」が出動

○…7月25日~29日に愛知県名古屋市西区の円頓寺商店街で開かれた「円頓寺七夕まつり」で、県警マスコット「コノハけいぶ」の張りぼてがお目見えした(写真)。
○…商店街関係者が製作したもので、愛知県西署も積極的に協力した。マスコットの両脇には「飲酒運転の追放」「シートベルト着用」ののぼり旗もあしらい、訪れた約2万人の見物客に交通安全を訴えた。
○…七夕まつりは今年で57回目。幼稚園児ら作成のキャラクター、張りぼてや吹き流しなどが商店街アーケードを彩る。なお、張りぼての出来を競う装飾コンクールでは、交通安全を広報する「コノハけいぶ」が最優秀の県知事賞に輝いた。

張りぼての「コノハけいぶ」が出動

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer