日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆捜査特別報奨金の懸賞広告を実施

警察庁は「捜査特別報奨金取扱要綱」に基づき、▽大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件(警視庁)▽栃木・茨城にまたがる女子児童殺人・死体遺棄事件(栃木県警・茨城県警)▽新潟市東区空港西1丁目におけるタクシー運転手被害強盗殺人事件(新潟県警)―について、検挙等に結び付く有力な捜査情報の提供者に捜査特別報奨金を支払う懸賞広告を実施した。

◆北海道警が夏山遭難防止のシンポジウム開く

北海道警と道山岳遭難防止対策協議会の主催で「夏山遭難を防ぐためのシンポジウム」が、開催された(写真)。道内の山岳遭難における年間発生件数の4割強が7月~8月に集中していることから、夏山シーズンのこの時期に、登山者に対して山岳遭難の未然防止を呼び掛ける。当日は、ヒマラヤ8,000㍍峰全14座を制覇したプロ登山家の竹内洋岳氏が特別講演し、会場は大いに盛り上がった。

北海道警が夏山遭難防止のシンポジウム開く

 

◆岐阜県警で交番所員の現場鑑識競技会

岐阜県警本部鑑識課と科学捜査研究所は、交番などで勤務する地域警察官を対象とした現場鑑識競技会を県警察学校で開き、県内22警察署の代表者44人が鑑識技術を競った(写真)。競技は、「オートバイ盗被疑事件の被害品を発見した」との通報を受けた所轄交番員が現場臨場し、被害品とその周辺の鑑識活動を行い、採取資料関係書類を作成するという想定で繰り広げた。

岐阜県警で交番所員の現場鑑識競技会

◆新潟県登録手話通訳士が講演会

新潟県警は、県登録手話通訳士の石橋富美世氏を講師として招き、「聴覚障がい者と手話通訳」と題する講演会を開催した(写真)。本部と県内全警察署の警察官と事務職員計76人に対し、石橋氏は自らの豊富な経験等を交え、聴覚障がい者の現状やろう文化、聴覚障がい者とのコミュニケーション方法、手話通訳者の役割、聴覚障がい者に関する事件などを熱く語った。

新潟県登録手話通訳士が講演会

~放射塔~手描きのきしゅう君ポスターで節電呼び掛け

○…全国的に節電対策が実施されていることを受け、和歌山県警察学校の初任科生が、県警マスコットキャラクター「きしゅう君」が節電を呼び掛けるオリジナルポスターを作成した。
○…デザインは、「きしゅう君」がこまめな消灯とエアコンの28度設定を行うというユニークなもの。“節電15%OFF”を目指して、和歌山弁で「節電しよら!!」(節電しよう)と訴えている。
○…ポスターは校内各所に掲示され、来校者にも「かわいくて分かりやすい」と好評を得ている。原案者の東元巡査(写真)は「みんなの節電意識がより一層高まればうれしいです」と笑顔で話した。

手描きのきしゅう君ポスターで節電呼び掛け

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer