日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆家出少年等の発見・保護活動強化について通達

警察庁は、各都道府県警に対し「家出少年及び福祉犯被害少年等の発見・保護活動等の強化」について通達した。夏休み期間中や夏休み明けの時期は、少年が非行に走りやすい一方で、性的被害を受けるケースが多い。このため、各都道府県警では夏休み期間中と夏休み明けの時期の1カ月間を選定し、▽家出少年等の発見・保護活動及び不良行為少年の補導活動の強化▽福祉犯被害少年の発見・保護活動の強化▽少年相談の充実強化―を重点に推進する。

◆岡山県警で通信指令・無線通話技能競技大会

岡山県警は、県警察学校で「県下通信指令・無線通話技能競技大会」を開いた(写真)。県内22署と今年から新たに加わった機動警ら隊から各3人(署指令室2人、現場警察官1人)の計69人が参加した。公安委員や原信造本部長が見守る中、各所属の代表選手は日ごろの訓練と実務で培った実力を発揮し、適切な無線通話と現場活動を披露。決勝では、出場選手や各所属の指導者などが自らの技能向上につなげようと競技に目を凝らした。

岡山県警で通信指令・無線通話技能競技大会

 

◆学生向けマンション管理会社と防犯の覚書を締結

宮城県警は、マンションに住む学生の犯罪被害防止のため、学生向けマンションの管理を手がける㈱学生情報センターと「学生と地域の安全・安心に関する覚書」を締結した(写真)。この事業は、県警が発信する防犯情報メール「みやぎセキュリティメール」を、学生情報センターのマンションに入居する学生に再配信することで、ひったくりや路上強盗などの街頭犯罪、声掛けやつきまといなどの性犯罪など各種犯罪の被害防止を呼び掛ける。

学生向けマンション管理会社と防犯の覚書を締結

◆新聞記者を講師に招きプロの厳しさ学ぶ

滋賀県長浜署は、プロ意識を持った警察職員を育成しようと、毎日新聞大津支局・長浜通信部長の桑田潔氏による「プロとしての仕事の厳しさ」と題する教養を行った(写真)。署員54人を前に、桑田氏は①新聞記者としてのプロ意識「ネタ元をばらすな」②刑事から教わった現場100回―を柱に講演を進めた。

新聞記者を講師に招きプロの厳しさ学ぶ

~放射塔~介護体験で職業人の自覚促す

○…福井県警察学校の初任科短期学生60人が、職務倫理教養の一環として、特別養護老人ホーム愛全園と足羽利生苑で職場体験研修を実施した。介護体験を通じて、職業人としての自覚と奉仕の精神の涵養、高齢者の特性に応じた対話能力を向上させるねらい。
○…施設職員から介護体験研修の心構えについて指導を受けた学生は、ベッドのシーツ交換、入浴と食事の介助などに取り組み(写真)、その後のレクリエーションでは合唱や組み体操、寸劇などを披露し、入所者との交流を深めた。
○…初めて介護業務を体験した学生は「高齢者の特性を理解し、相手の目線で話し掛けることが大切であると感じた」「今回の貴重な体験を今後の仕事に生かし、相手を思いやる警察官になりたい」と話すなど、所期の目的を達成した。

介護体験で職業人の自覚促す

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer