日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆振り込め詐欺の被害防止策に名簿を活用

警察庁は、振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺や利殖勧誘事犯の新たな被害防止策として、犯人グループから押収した名簿に登載されていた人に対し、集中的に注意喚起することとし、このほどその対策について発表した。同庁では、7月中旬以降、今年度中にこれらの約63万人分の名簿を各都道府県警察に還元し、民間業者に委託したコールセンターからの架電や、警察からの架電、戸別訪問等により、注意を喚起し被害防止を図る。

◆福岡県警がセキュリティ・ホーム認定制度を開始

県民の生活基盤である住宅を対象とした侵入窃盗の約7割が戸建住宅で発生している。こうした現状を受け、福岡県警が侵入窃盗とこれに起因する強盗、殺人などの凶悪犯罪を防ぎ、住宅侵入犯罪に対する不安を解消しようと、防犯性の高い戸建住宅を認定するセキュリティ・ホーム認定制度を7月1日からスタートさせた。全国初の取組みという。

◆佐賀県警で手信号の合同訓練と実地訓練

佐賀県警は、電力不足による計画停電を想定し、信号機の滅灯による交通の混雑等を防止するため、手信号による交通整理要領の合同訓練を実施した。各警察署の交通課員と地域課員、本部交通部各課員など35人が、本部会議室で手信号による交通整理要領の基本についての座学教養を受講するとともに、本部駐車場で手信号動作と警笛吹鳴などの実地訓練に挑んだ(写真)。

佐賀県警で手信号の合同訓練と実地訓練

◆少年の居場所作りへ「大安DASH村」が開村

岐阜県大垣署と大安地区少年警察ボランティア協議会などは、農業による少年の居場所作り活動「大安DASH村~米土(マインド)ファーム」を開村し、開村式と田植えを行った。当日は、喫煙や深夜はいかいなどの問題を抱える少年を含む14~19歳の少年(7人)と少年警察ボランティア、署員、教育関係者ら計48人が参加。雨の降るあいにくの天気だったが、かっぱと足袋を着用して田んぼに入り、丁寧に苗を植えた(写真)。

岐阜県警察少年の居場所づくりへ

~放射塔~管内の安全・安心願う七夕祭り

○…神奈川県藤沢北署は、藤沢北地区警察官友の会と管内の幼稚園児たちとともに「七夕祭り」を実施した(写真)。
○…七夕祭りは同会主催によるもので、今夏の交通安全や各自の願い事などを書いた短冊を、同署玄関前の笹に飾り付けるという催し。振り込め詐欺や交通事故の防止が目的。
○…当日は50人の園児たちが参加。はじめに池田光夫署長が「管内住民の皆さまが、犯罪や交通事故に遭うことなく、安全で安心して暮らせる町になりますように」とあいさつした後、それぞれが自分の願い事を短冊に書き入れた。「かわいい女の子になれますように」との願い事や「警察官になりたい」など、さまざまな短冊が飾られた。

神奈川県藤沢北署七夕まつり

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer