日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆女性・子ども・高齢者が被害に遭いやすい犯罪

警察庁は、平成23年中の「女性・子ども・高齢者を主たる被害者とする犯罪」をまとめた。女性が被害者となる刑法犯件数は38万6,883件で、刑法犯被害の33.1%を占め、罪種別では窃盗、暴行、詐欺、傷害、強制わいせつの順に多い。また、子どもの刑法犯被害件数は22万8,025件で19.5%を、高齢者の刑法犯被害件数は13万5,773件で11.6%を占めた。

◆北海道警で交通部技能指導官の研修会

北海道警では、技能指導官による指導のほか、自所属の職員に対して専門分野の指導教養等を行う「技能指導員制度」を、平成22年から運用している。その技能指導員のレベルアップを目指して、このほど「交通部における技能指導員研修会」を開催した(写真)。交通部の技能指導員は、現在、全道で計49人を指定。研修会で指導員は、鳥井優二交通部長から訓示を受けた後、交通部幹部の教養や教養課の技能指導官制度の説明などを受講。その後、各専門分野に分かれ、各技能指導官の教養や課題の検討を行った。

北海道警で交通部技能指導官の研修会

◆高齢者交通安全大学校の学長集め研修会

岐阜県警は、県下22地区で開校している「高齢者交通安全大学校」の学長を警察本部に集め、「高齢者交通安全大学校学長等研修会」を開催した(写真)。5月末現在、県内の交通事故発生状況は、人身事故件数、負傷者数ともに減少傾向にあるが、死者数については対前年比19人増の52人と大幅に増加。特に高齢者被害が33人と6割強を占めていることから、高齢者の死亡事故に歯止めを掛けるべく、同学長らに対する研修を行った。

高齢者交通安全大学校の学長集め研修会

◆石川県警で体験・体感型の就職説明会

石川県警は2回にわたり、警察本部で「体験・体感型就職説明会」を開催した(写真)。参加者が各部門別の専門ブースで実際に業務を体験することで、警察業務に対する理解を深めてもらうねらい。開催に当たり、各署単位での広報活動や県警ホームページでの案内などあらゆる機会を捉えて積極的に広報をした結果、あわせて118人が参加した。

石川県警で体験・体感型の就職説明会

~放射塔~広角ミラー付きカードで女性を犯罪被害から守る

○…警視庁高輪署は、女性をひったくりや痴漢被害から守るため、防犯広角ミラーレンズ(写真)を作成した。女性に優しい新兵器というべきもので、同署主催の痴漢被害防止キャンペーンで配布され、女性から好評を得ている。
○…同レンズは「みえるくん」と名付けられ、カード中央に広角ミラーを配置。周囲に悟られずに後方を確認することができ、不審者や痴漢対策に大いに役立つ。縦5.6㌢×横8.8㌢の名刺サイズで、女性がバッグに入れて持ち歩けるよう携帯性にも配慮している。
○…企画、デザインには、本間均署長自らも携わった。万が一、痴漢被害に遭ったときのために、届出のポイントなども具体的に記載されており、同署では「女性の被害リスクを減らす強力な武器になるに違いない」と期待を寄せている。

広角ミラー付きカードで女性を犯罪被害から守る

 

▼2013年1月~6月

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
19 30 31        

2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年9月
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



footer